葉酸サプリの必要性は厚生労働省も母子健康手帳で推奨しています

食べ物以外(サプリや健康補助食品)で400μg摂取することは厚生労働省が推奨されています。 葉酸サプリはAFCの商品が最も知名度や認知度が高く、効果のある商品と言っていいでしょう。 妊娠初期などにつわりが酷く食べ物を摂るのも困難な方にも香りや味はなく飲みやすい安心で安全の補助サプリです。 合成着色料・保存料・香料の添加物は当たり前のことですが使用していません。 母子健康手帳に記載されているということは飲まない理由はありません。 「飲んだほうが効果がある」から記載されていると判断したほうが現段階では万全を尽くすという意味でも考え方としてポジティブで良いのではないでしょうか?

AFCの葉酸サプリは新規購入者は送料無料1980円(税込)

妊婦初期や授乳中の方だけでなく葉酸サプリを全ての方に効果がある

アメリカでは葉酸は毎日450μgが推奨されています

サプリ大国で先進国のアメリカではこのサプリや健康補助食品で毎日食べ物以外で450μgの量を摂取する事が推奨されています。 特に妊娠初期に関して非常に重要になってくるのです。 妊娠前から葉酸やビタミンなどを含んだ食物を摂取している事で、産まれてくる赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症するリスクを低減する事が少なからずデータ的にはできます。 この神経管閉鎖障害は無脳症とも呼ばれる先天障害や二分脊髄症などの事です。 これらの可能性を少しでも下げる事ができるのならば、このような栄養素を摂ることで効果があると思ってます。 しかし毎日の食べ物で必要な量を取ると思うと、なんと野菜を最低でも約350g食べないといけない事になってきます。 これは口コミではつわりが酷い方はもちろん、つわりが驚くほど全くないと言う状態でもどうしても結果的にはトータルでは難しいのです。 ですから妊娠初期の大切な時には、しっかりと食事ができない場合はこのようなサプリでしっかりと栄養補助をしてあげる事がかなり重要になってきます。

葉酸サプリの摂取の必要性が母子健康手帳に記載されていると言う事

飲まなくていいものなら母子手帳に記載はされません

葉酸は男女問わず人間には必要な栄養素という事ができます。 特に偏った食生活になってしまっている現代人にとっては野菜などに含まれるビタミンや鉄分、カルシウムなどは不足していると言っていいでしょう。 これらは妊娠中や授乳中だけでなく妊娠前や初期段階で非常に大切と言われている栄養素です。 普段の食べ物だけではこれらをバランスよく食べることは心がけていても非常に難しく、やはりサプリメントでの摂取が効果がありおすすめです。 日本でも厚生労働省によって通達はされていますが、まだ世間的にはしっかりと奥にまでは浸透はしていません。 しかししっかりと母子健康手帳にこの事が記載されている以上、食べ物以外で400μgの葉酸を摂取する事は非常に大切な事なのです。 これから子供を産む母親としては、産まれてくる赤ちゃんのために、胎児の発育のためにも目安(1日1,000μg)をしっかり守って積極的に摂っていかなくてはいけません。 ポイントを語ると思いのほか長くなるポイントを端折って説明するとこの事実を知っている以上、これを飲まない理由やマイナス要素は現在の所ではアレルギーなどで医者に止められること以外は見当たらないと言えます。


増大サプリのゼクノリンは世界でも60万人が購入
http://www.zekunorin.net/

雑誌やメディアで葉酸サプリの効果が紹介されています

ママの間では口コミでどんどん広がっています

「たまごくらぶ」や「ひよこくらぶ」などの有名な赤ちゃん雑誌だけでなく、テレビやmixi、twitter、facebookなどのSNSでも効果が口コミで広がっています。 ママの間ではエーエフシーの葉酸サプリは常識となる日も遠くはありません。 安産祈願の神社でサンプルが定期的に戌の日に向かう親となる方に配られたりもしています。 大手通販の楽天ランキングのマタニティ・ママ部門、マタニティ食品部門でも堂々の王者の1位になっています。 安全面でも原料、製造、出荷の全ての過程に置いて徹底した衛生管理や検査を行っている事もAFCの葉酸サプリが大ヒットし人気になっている一番のわかりやすい理由なのかもしれません。

このページの先頭へ